英語 英語のルール

getの使い方3選(get+形容詞、get+過去分詞、get+目的語+過去分詞)

この記事は

get+ 形容詞の使い方を知りたい…あ、いい記事見つけた。そう言えばたしかgetって受身の意味もあったよな!

あれ?このページには載ってない。え〜また探さなきゃいけないの…面倒くさっ!!

という(私のように面倒くさがりな)方のために書きました。

 

このページだけで、getを使った代表的な表現3つがスッキリと分かってしまいますよ。

この記事でわかること

  • 〜の状態になる (get+形容詞)
  • 〜される、〜させる (get+過去分詞 (p.p)=受身での使い方)
  • (目的語を)〜してもらう/(目的語が)〜される (get+〇〇(目的語) +過去分詞)

こんな人が書いています

独学で英検1級と通訳案内士に合格。これまで18歳から69歳まで述べ300人以上の初心者〜中上級者に英語を教えてきた講師歴13+年の英語講師Katzです。

「get」という動詞が持つイメージ

本題に入る前にまず、getという動詞の持っているイメージを確認しておきましょう。

 

そもそも、get=「モノ(人)がだんだん変化していく」

というニュアンスを持っています。

なので例えば、

 

I was angry.

I got angry.

 

は、似ているようで実は、ちょっと意味が違うんです。

 

I was angry.  私は怒っていた。(=すでにもう怒っていて、その状態をキープしている状態

I got angry.  私は怒った。(=もともとは怒っていなかったけど、(何かが起こり)怒るという状態に変化した

 

というイメージの違いがあるんです。

 

このイメージを頭においた上で「get+形容詞(〜の状態になる)」を見ると、理解しやすくなるはずです。

 

get+形容詞(〜の状態になる)の例文

まずは、get+形容詞(~(形容詞)の状態になる)です。

ある状態から「~(形容詞が表す状態)になる(変化する)」というイメージですよ。

 

長々と説明するよりも、例文を見る方がわかりやすいので、たくさん例文をみていきましょう。

例文

*尚、ここで紹介している単語の意味は全て、英辞郎on the webを参考にさせていただいております。

コート着て、じゃないと寒くなっちゃうよ。

Put your coat on or you'll get cold.

get cold = 「(そうじゃない状態から)肌寒い、という状態になる」

cold (形容詞(以下(形))=(人のいる場所が)肌寒い

 

彼、早く良くなりますように。

I hope he'll get better soon.

get better= 「(体が以前より)元気、という状態になる」

better (形)=(体が以前より)元気になった、快方に向かった

 

しまった!道に迷っちゃった。

Oh crap! I got lost.

get lost=「(そうじゃない状態から)道に迷った、という状態になる」

lost(形)=(自分がどこにいるかが分からなくなり)道に迷った、迷子になった

 

暗くなってきたね。

It's getting dark.

get dark=「(明るい状態から)暗い、という状況になる」

dark(形)=暗い

 

(ちゃんとした服に)着替えて!

Get dressed!

get dressed=「(裸、もしくは別の服装から)服を着た、という状態になる」

dressed(形)=服を着た

 

あなたが準備できたらすぐに出発するよ。

We'll leave as soon as you get ready.

get ready=「(準備できてない状態から)準備ができて、という状態になる」

ready(形)=準備ができて、支度が整って

 

(ちょっと脱線)文法を固めると英語力は爆上がりします

どうですか? get+形容詞(〜の状態になる)のイメージ、つかめましたか?

これも形容詞だったの?

という言葉もあったのではないでしょうか。

 

英語の単語って「1つで複数の品詞や意味を持つ」ものがほとんどです。

例えば「cold」を例に見てみます。(英辞郎on the webから画像をお借りしました。)

このようにcoldという言葉1つに、形容詞・名詞・副詞、と複数の品詞があります。

そしてそれぞれ(当たり前ですが)微妙に意味も違ってきます。

これが、初心者には

品詞まで気にしなきゃいけないの⁉英語やっぱり難しすぎる‼

と感じてしまうポイントの1つ。

 

が、これは避けては通れない。というか、文法が理解できるようになると

自然と品詞に目が行くようになるから不思議。

 

私、今でこそ英検1級とか通訳案内士に合格できるくらいの英語力持ってますが、

学生時代は英語科にいたにも関わらず、交換留学の選考で普通科の子に負けるほど、

絶望的に英語(特に文法)ができなかったんです。(あれば今考えても屈辱的過ぎる…)

 

でもね人間って結局は、好奇心と向上心の生き物、なんですよね。

 

コレって何?なんでこうなんの??

という好奇心が沸くと、

もっと知りたい!

という向上心がむくむくしてきます。コレ、脳🧠にとっての麻薬のようなもので、止められなくなるんです。

 

例えばこの文を見てみてください。

Put your coat on or you'll get cold.

コートを着て、じゃないと寒くなっちゃうよ。

 

こんな疑問(好奇心)が浮かびませんか?

なんでget coldで、寒く「なる」って訳になるの?

coldには「風邪」って意味もあるし、それならget coldは「風邪を引く」って意味にもなれるんじゃ?

 

で、ここでちょっと調べてみると、

✅どうやらgetには「get+形容詞(〜の状態にする」という文法があるらしい

coldって名詞(風邪)だけじゃなくて、どうやら「形容詞(肌寒い)」の意味もあるみたい

とわかってきます。

 

そして基本の文法を押さえていると、更にこんなことに気づくようになります。

 

「風邪」という名詞のときは「a cold 」と a がつくけど、この文にはついていない。

✅ということは「cold=形容詞(肌寒い)」だ。

✨だから「get+形容詞〜の状態にする」の文法になり、、、

 

Put your coat on or you'll get cold. コートを着て、じゃないと寒くなっちゃうよ。

ってなるんだ!!!

 

というAha!体験(あ!わかった!)ができるんです。達成感、と言い換えてもいいですね。

 

これがもう、脳🧠にはたまらない快感なんです。

だから、分かれば分かるほど英語って面白くなってハマっていくんです。(英語沼へようこそ)

 

手前味噌で恐縮ですが、

英文法のやり直し何から手を付けたらいいかわからない😑

という方のために「とりあえずこれだけ押さえれば最低限の会話が成り立つ」という基礎英文法17個を厳選しています。

 

😫英文法の苦手意識がある

😥中学英文法でつまづいちゃってる

そんなアナタのためのページです。文法は敵ではなく、アナタの味方ですよ!

もちろん全ページ無料で読んでいただけます。→まずはこれだけ!英文法の基礎17を見てみる。

 

さてそろそろ、脱線から元に戻りましょう。次は「~される」という受け身のgetです。

 

〜される (get + 過去分詞(p.p))

次にget+過去分詞(p.p)= 主語が〜される」(受け身)の使い方です。

 

過去分詞(p.p)とは、動詞の活用形の最後のヤツです。

例:go - went - gone (←コレ)

He got promoted to director.

彼は部長に昇進した。

get promoted = 「昇進させる」をされる=「昇進する」

promoted = (動詞=以下(動))promote(社員などを)昇進させる、の過去分詞(promote-promoted-promoted

 

ちょっとややこしく見えますが、

彼は(誰かから)「昇進させる」(ということを)された」=「昇進した」

となります。

 

「わかりにくくてもうムリ…」とあきらめないでください!!

大丈夫。このあとたくさん例文を見ていくと、掴めてきます。もうちょっと頑張ってついてきてくださいね。

 

例文

My house got damaged by the tyhoon.

私の家はその台風で損害を受けた。

get damaged =「損傷を与える」をされた=「損害を受けた」

damaged = (動)damage「損傷を与える」の過去分詞

 

My car got stolen.

私の車が盗まれた。

get stolen =「盗む」をされる=「盗まれる」

stolen = (動)steal「盗む」の過去分詞

 

The company's server got hacked.

その会社のサーバーがハッキング(不正侵入)された。

get hacked = 「不正侵入する」をされる=「不正侵入される」

hacked =( 動)hack「不正侵入する」の過去分詞

 

You don't want to get hit by a car, do you?

あなたは車にひかれたくない、ですよね?

get hit =「(強い力で〜に追突する」をされる=「(車に)にひかれる」

hit = (動)hit「(強い力で〜に)追突する」の過去分詞

 

どうですか?「~される」という受け身のget、使い方のイメージわいてきましたか。

 

では最後のひとつ「~してもらう/~される」のgetを見ていきましょう。

 

〜してもらう/〜される (get + 目的語 + 過去分詞(p.p))

え?さっきも「~される」だったけど、何が違うの?

いい質問です!

 

上の「get+過去分詞(〜される)」は「主語が〜される」でしたが、

これは目的語を〜してもらう/目的語が〜される」という受け身の形になります。

 

大切なので、もう一度いいます。この形は、主語がする、のではなく

「(人に頼んで)目的語を〜してもらう」もしくは「目的語が(誰か/何かに)〜される」

という意味になります。

 

「~される」と「~してもらう」。どちらになるかは、それぞれ文脈で判断することになります。

あぁ?文脈??そんなのわかんねーよ!!😤

わかります、この「文脈で判断…」ってのがまた、難しく感じますよね。

ま、要はよりしっくり来る方を選ぶ、ということです笑💦

 

私が下手に説明するよりも、例文で使い方を見ていきましょう。

例文

I got my smartphone repaired.

私はスマホを修理してもらった。

get my smartphone repaired = 「(人に頼んで)スマホを修理してもらう」

目的語(以下(目))=my smartphone 私のスマホ

repaired = repair「修理する」の過去分詞

 

I get my suit cleaned every month.

私は毎月スーツをクリーニングに出します。

get my suit cleaned = 「(人に頼んで)スーツをドライクリーニングをしてもらう」

(目)my suit

cleaned = clean「洗濯する・ドライクリーニングする」の過去分詞

 

I got my hair cut.

私は髪を切ってもらった。

get my hair cut =「(人に頼んで)私の髪を切ってもらう」

(目)my hair

cut = cut「切る」の過去分詞

 

I got my bike stolen.

(私は)私のバイクを盗まれた。

get my bike stolen =「私のバイクを盗まれる」

(目)my bike

stolen = steal「盗む」の過去分詞

これを「(人に頼んで)私のバイクを盗んでもらった」とするのは、おかしいですよね。(色んな意味で…)

 

She got her leg broken.

(彼女は)彼女の足の骨を折った。

get her leg broken =「彼女の足が(何かで)折られた」

(目) her leg

broken = break「折る」の過去分詞

 こちらもやはり「(人に頼んで)彼女の足を折ってもらった」と訳してしまうと、心配になります…(色んな意味で)

 

さて、ここまで来るともしかした勘の良い方は、

あれ?have+過去分詞、と何が違うの?

という疑問がわいてきているかもしれませんね。素晴らしい!

 

それに対する回答は、、、

違いは大してありません。というかむしろどっちでもいいです。

 

ただ強いて言うとすれば、getの方が「会話で使われる場合が多い」、 getのほうがよりカジュアル、ことくらいです。

 

まとめ

getの文法 使い方まとめ

  • get+形容詞(〜の状態になる)
  • get+過去分詞 (p.p)=受身での使い方(〜される、〜させる)
  • get+〇〇(目的語)+過去分詞=(目的語を)〜してもらう/(目的語が)〜される)
  • have+過去分詞との違いは、ほぼナシ。強いて言えば、getの方がより会話で好まれる&よりカジュアル

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!お疲れさまでした!!

 

いかがですか?getの文法としての使い方3つ、整理できましたか?

 

getは色んな表現を作ることができる、すごく便利な言葉です(便利過ぎで違いを覚えるのが大変なこともあるけど)。

ここまで読んで下さったアナタはきっと、getの代表的な3つの違いとその使い方はしっかりと理解できていると思います。

ここで整理した知識は決してそのままにしないで、実際に使ってみて、体(感覚)で覚えていってくださいね!

 

 

 

他にも、「よく似ててややこしい表現 used to~をbe(get) used to~の違い」はこちらで説明していますので、興味があるかたは是非読んでみてください。→【似てるようで全く違う】used to ~とbe(get) used to~ing

 

「そもそも、英語学習が続かないんです…」

というお悩みがある方は、こちらも参考になると思います。

 

文法を独学するなら、正直これ1冊でOKです。

送料無料! 解答・Interactive ebook付き 最新版!【English Grammar In Use (5th Edition) Book with Answers and Interactive eBook】イギリス英語版 英文法 英語

価格:4,147円
(2022/4/2 20:40時点)
感想(4件)

 

「独学するのはしんどい…けど文法は固めたい」というアナタには、英語学習アプリという手もあります。

スタディサプリEnglish 新日常英会話セットプランをチェックしてみる

時間や場所を選ばず英会話【スピークバディ】をチェックしてみる

 

これからあなたの世界が、英語によってどんどん広がっていく。

少しでもこの記事が、そのお手伝いになれていたら幸せです。

 

 

  • この記事を書いた人

かつら

留学なし・独学にて英検1級合格/通訳案内士合格/TOEIC945/英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ日本人が増えて欲しい人/四十路街道疾走中

-英語, 英語のルール

© 2022 YOLO style ~Change Starts Now~ Powered by AFFINGER5