暗号通貨(Crypto)

【暗号通貨の取引所はどこがお得?】NFTを購入するならここ1択です。

ようこそお越しくださいました!! この記事は、

暗号通貨、買ってみたいけど取引所がたくさんありすぎて、どれがいいのかわからない。
最近よく聞くNFTを買う時に、一番得する取引所ってある?あるならどこの取引所?
とりあえずNFTを買うまでの手順が知りたいな。

 

というあなたの疑問と要望に、自信を持ってお答えしている記事です。

 

 

どうして私が自信を持ってこの記事を書けるのか。

 

それはこの記事が、

私が自分の身銭を切り、失敗しながらも実際にNFTを買うまでの経験を元に書いた記事、だからです。

 

こちらが私のOpenSeaのアカウントです。

試行錯誤し、そして超割高な手数料を払う失敗なんかもしながら、ようやく手に入れたNFTがここにあります。

(もうこのNFTは、可愛くて可愛くて仕方ありません♡)

 

日本円からNFTを購入するには、けっこう手間がかかります。

しかもその途中には、注意すべきポイントもいくつかあります。

 

知らなければ損をする。

なんなら大切な暗号通貨が消えてなくなる、なんてこともあるんです。(怖いことですが、十分に起こり得ることです…)

 

この記事を最後まで読めば、

 

将来NFTやDeFiをやるなら絶対おすすめの暗号通貨取引所

NFTを買うために必要な準備(イーサリアム(ETH)の買い方・MetaMaskへの送金方法)

 

が分かります。

 

暗号通貨を買うにしても、NFTを買うにしても、一度経験してしまえばそんなに難しいものではありません。

 

ただ最初ってやっぱり不安だし、大切なお金を失いたくないですよね。

 

分かります。だってちょっと前の私がそうだったから。

あなたが私と同じ失敗をしないように、そして無事にNFTを買う準備ができるように、ここでお手伝いさせてください。

 

さあでは、早速本題の「NFT買うならどこの取引所の口座がお得?」という質問にお答えします!

 

NFTを買うならこの暗号通貨取引所が正解!

NFTを買うなら、おススメの暗号通貨取引所は「GMOコイン」1択です。

というか、これ以外の取引所を使うと、ある手数料で損します。

 

暗号通貨の取引所は他にも、Coincheckやbitbank、bitFlyerなどたくさんあります。

実際私もそれぞれ口座を持っていて、それぞれに良い所があります。(見やすいとかね)

 

もしあなたが、

ビットコインをガチホ予定(買ったら売らない)

自動積立購入であとはほったらかし

などのように、持っている暗号通貨を動かす予定がない、のであれば正直どの取引所でも大差ありません。

 

ただあなたが将来、

NFTを買いたい
DeFiをやってみたい

というのであれば、GMOコインがベストな取引所になります。

 

その理由は以下の2つです。

 

理由1 送金手数料無料だから

どの取引所も、暗号通貨を購入する際の手数料はかなり安いところがほとんどです。

ではなぜその中でも、GMOコインをおススメするのかというと、、、

 

GMOコインは「暗号通貨の送金手数料が無料」だから

 

暗号通貨を送金??

なんのこっちゃ、ですよね。大丈夫。このあと詳しく説明していきます。

 

実はGMOコインで暗号通貨(イーサリアム)を買っても、そのままではNFTを買うことはできないんです。

2022年5月現在、日本からNFTを買うには以下の手順を踏む必要があります。(将来どうなるかはわかりませんが)

step
1
日本円で暗号通貨(イーサリアム(ETH))を買う@暗号通貨取引所

step
2
イーサリアム(ETH)をMetaMask(お買い物用暗号通貨ウォレット)に送金する

step
3
OpenSea(NFT販売サイト)とMetaMaskを繋ぎ、MetaMaskにあるイーサリアム(ETH)でNFTを買う

 

このSTEP2の時に、他の取引所だと「(暗号通貨の)送金手数料」が発生します。

 

例えばCoincheckなら、

ビットコインを1回送金する毎に 0.0005 BTC~(=約1,870円)

イーサリアムを1回送金する毎に 0.005 ETH~  (約1,152円)

 

bitbankなら、

ビットコインを1回送金する毎に 0.0006BTC (約2,238円)

イーサリアムを1回送金する毎に 0.005ETH  (約1,152円)

くらいの送金手数料がかかってくるんです。(2022年5月末現在)

 

実際私はこのことを知らなかったので、bitbankから

0.0004BTC(約1,538円分のビットコイン)を送金するのに、

0,0006BTC(約2,238円分のビットコイン)を手数料として払う?!

という、なんとも勿体ない失敗をしてしまいました。

 

しかしGMOコインなら、ここの送金手数料が無料、なんです!!

 

百万単位で取引するようなお金持ちなら、数千円の手数料は気にならないかもしれませんが、

もしあなたが私のように、

限られた資産でNFTを買ったりDeFiをしてみたい

という方なら、1回の送金で数千円の手数料はかなり痛いですよね。

 

NFTやDeFiを考えているなら、口座開設の際に送金手数料のこともしっかりとチェックしましょう。

 

そしてGMOコインは、送金手数料が無料なだけではなく、口座開設の際の申し込みや審査がカンタン&早いんです!

 

理由2 口座開設が簡単・早い

ぶっちゃけて言いますと、どの取引所でも、

✔スマホ(携帯電話)

✔メールアドレス

✔本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)

があれば、口座は簡単に開けちゃいます。

 

ただ、本人確認のための撮影の手間や審査に掛かる時間が、GMOコインは圧倒的にシンプルで早いんです。

 

もしかしたら、たまたま私の運が良かっただけかもしれませんが、他の取引所の審査は1日近くかかったのに、GMOコインはほんの数十分で審査完了でした。

これって、地味に嬉しいメリットですよね。(待つのがイヤな私のようなイラッチは特に)

 

 

送金手数料は無料、に越したことはない

口座開設の審査は早い、に越したことはないですよね!

 

ここまで読んで、

お!GMOコイン、いいじゃない♡

と思った方は是非、GMOコインで口座を開いてみてくださいね!

GMOコイン公式サイトへ行く

 

 

この後は、NFTを買う前の準備、

イーサリアム(ETH)を買う&イーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金するの手順と、注意すべき点(超重要!)をお伝えしていきます。

NFTを買ってみたい!

という方は是非このまま読み進めてくださいね。

 

ここから先は、既にGMOコインの口座開設が終わっている人向け、の内容になります。

 

イーサリアム(ETH)の買い方@GMOコイン

GMOで暗号通貨(イーサリアムやビットコインなど)を買う時の手順は以下の通りです。

step
1
GMOコインに日本円を送金する

step
2
GMOコインで日本円→暗号通貨(ETHやBTC)にする

 

 

実際の画面を見ながらの方がイメージしやすいと思いますので、スクリーンショットで説明していきます。

 

1.自分の銀行口座から日本円をGMOコインに入金する(「入出金(日本円)」)

 

2.銀行から「即時入金」する(送金手数料が無料になります)

できれば赤枠のネット銀行を使いましょう。青枠の銀行口座からも手続きはできますが、この場合買った暗号通貨は「7日間送金に制限」がかかることになります。

また、「振込入金」もできますが、そうすると振込手数料がかかってしまいます

大切なお金です。なるべく手数料はかけないようにしましょう。

 

3.入金する金額を決める

 

4.自動的に選んだ銀行に移動します。

 

 

楽天銀行を例に見ていきましょう。

 

自動的に入力されますので、内容に間違いがないかを確認しましょう。

 

セキュリティーのため、二段階認証やワンタイムパスワードの入力などが要求されます。

ここでは楽天銀行ですが、他のネット銀行でも同じような感じだと思います。

 

さあ、無事日本円がGMOコインに入金できたので、つぎはいよいよ暗号通貨(ここではイーサリアム(ETH))を買っていきますよ!

 

5.まず、今時点での暗号通貨と日本円の価格を調べる。

画像をクリックすると、このサイトに飛びますので、試しに今のイーサリアム(ETH)の価格を見てみてください。

 

6.暗号通貨(イーサリアム(ETH))を買う(「取引所」→「現物取引」→「イーサリアム」+「成行」+「買」+「取引数量(買いたい量))

 

はい。これで、GMOコインで暗号通貨(イーサリアム(ETH)を買う、ことができました。

けっこうカンタンじゃん!

って思ったんじゃないでしょうか。

そうなんです。暗号通貨を買うことは、全く難しくないんです。

 

ただ、この暗号通貨を他へ移動(送金する)となった時が要注意!!なんです。

ここを間違えると、あなたの暗号通貨が消えてしまうことになるかもしれません。。。

 

この後、その仕組みと注意すべきポイントをお伝えしていきます。

 

イーサリアム(ETH)→MetaMaskに送金する

ここからは、MetaMaskの設定が既に済んでいる人向けの内容になります。

 

NFTを販売しているサイトや買い方はいくつもあるのですが、ここでは、

一番有名なOpenSeaで、MetaMask(という暗号通貨用のウォレット)を使ってNFTを買う

という王道の手順をご紹介します。

 

先ほど、GMOコインでイーサリアム(ETH)を手に入れましたね。

 

では次に、そのイーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金します(お財布にお金を入れるイメージです)。

手順は、

step
3
MetaMaskのアドレス(イーサリアム用)をGMOコインに登録する

step
4
そのアドレスを使ってMataMaskにイーサリアム(ETH)を送金する

です。

 

やることはとーってもシンプルでカンタンなのですが、

実はここが、一番と言ってもいいほど注意してやらなければならない手順なんです。

 

ここで間違うと、最悪の場合あなたのイーサリアムが行方不明=消えてしまう、という恐ろしいことになりますので、これからお伝えする「注意する部分」をしっかり理解して、実際にやる時にはしつこいくらい確認してくださいね。

 

暗号通貨を送金する時に最も気をつけなければならないことは、、、

送り先アドレスのブロックチェーンの種類を間違えない

ということです。

 

「イーサリアム→MetaMaskに送金」の手順を詳しく見る前に少しだけ脱線して、

暗号通貨を動かす(送金する)際に気をつけるべきポイントとその理由

を説明します。大切な内容なので、ちょっと頑張って読んでみてください。

 

暗号通貨を動かす(送金)する時の注意点【超絶重要です】

「暗号通貨」って1つではない、ってご存知ですか?

 

暗号通貨と言えばお馴染みのビットコイン(BTC)

そして今回NFTを購入するのに使うのはイーサリアム(ETH)

 

これらは全く別の通貨なんです。そしてこれらの通貨が流通しているシステム自体も違うんです。

だから例えば、

イーサリアム(ETH)ビットコインのシステム上にあるアドレスに送ってしまうと、

イーサリアム(ETH)迷子になり(行先のアドレスが存在しないから)、そして消えてしまう、、、

 

という世にもオソロシイことが、あっさりとできてしまう世界なんです。。。

 

「あ、しまった!ビットコインをイーサリアムのアドレスに送っちゃった!!取り消し~」が、できないんです。

 

暗号通貨は全てがプログラミングで動いているため、一度実行した取引は取り消すことができません。

銀行のように、中央に会社があり連絡すれば何とかしてくれる、ということができないのが、暗号通貨の特徴であり、しっかりと肝に銘じておく部分でもありますね。

 

暗号通貨を動かす(送金など)時は、

どの通貨を動かすのかビットコインイーサリアム?)、

そして、

送り先のアドレスはその通貨が流通しているシステム上にあるか

この2つをしっかりしーーーかりと確認してから操作を実行に移しましょう。

 

 

しかしいきなり大きな金額を動かすのは怖いし、リスクも高いので、

可能であればまずは、小さな金額で「テスト送金」してみるのがおすすめです。

 

テスト送金とはいえ、少額でも自分のお金を無くすかもしれないのは怖い、ですよね。

 

実は、1円も出さずにビットコインを手に入れる方法があるんです。

そこで無料で手に入れたビットコインを使って「暗号通貨の送金」を練習することができるんです!

 

こうやって文字で勉強しても、やはり実際に手を動かして得た経験には敵いません。

一連の流れを一度経験すると、イメージが掴めてそれ以降の取引がやり易くなります。是非手を動かしてみましょう。

 

Coincheckが2022年6月30日までの期間限定で、

新規口座開設×ビットコインを購入すると2,500円分のビットコイン(BTC)プレゼント

というキャンペーンをやっています。

この機会をうまく使って、ビットコイン+取引経験、をゲットしましょう!(なんたって無料、ですから!!)

 

詳しいやり方は、↓の記事を参考にどうぞ。

無料でカンタンにビットコインをもらえる方法(詐欺じゃないです)

無料でカンタンにビットコインをもらえる方法(詐欺じゃないです)

この記事は、 ビットコイン、めちゃ気になるけどなんか難しそう… ビットコイン欲しいけど、価格変動大きすぎて買うの怖い… ビットコイン、買ってみたいけど損するのは嫌! という、ちょっと前の私に向けて書い ...

続きを見る

 

お待たせしました。では、GMOコイン→MetaMaskへイーサリアム(ETH)を送金する方法です。

 

GMOコイン→MetaMaskにイーサリアムを送金する方法

ここでも、実際の操作画面のスクリーンショットで説明していきますね。

 

1.【いきなり超重要!】送付先のアドレス(MetaMaskのイーサリアム用アドレス)をGMOコインに登録する

(↓の画面は「預入」になっていますが、正しくは「宛先リスト」→「イーサリアムの宛先リスト」→「+新しい宛先を追加する」です。ごめんなさい!)

先ほど説明した「注意するポイント」が書いてあります。赤枠の中を一度しっかりと呼んで理解してから手続きに移りましょう。

 

↓これが「イーサリアムの宛先リスト」を登録する正しい画面です。

 

3ー1.宛先情報を登録する(MetaMaskのアドレスを登録する例です。)

送付先:GMOコイン以外

送付先ウォレット:プライベートウォレット(MetaMaskなど)

受取人:ご本人さま

受取人種別:個人(法人の場合は法人を選びます)

「イーサリアムアドレス」は、必ずMetaMaskにあるアドレスを「コピペ」で登録しましょう。(手打ちするとほぼ間違いなく間違えます。そして1文字でも間違えると、あなたのイーサリアムは消えちゃいます)

 

3-2. MetaMaskのアドレスをコピーする

注意ポイント!

ここが、一番注意しなければならないポイントです!!

画像にも書いていますが、

イーサリアム(ETH)を送金するアドレスは「イーサリアムメインネット」のアドレス

になります。

間違っても他(「Binance Smart Chain(BSC)」など)のアドレスをコピーしないように!!

 

4.登録しているメールアドレス宛に認証用メールが届くので、それでアドレス登録の認証する

メール認証が終われば、送付先アドレスの登録が完了です。

次はいよいよ、イーサリアム(ETH)をMetaMaskへ送金します。

 

5.MetaMaskへイーサリアム(ETH)を送金する(「入出金」(暗号資産)→イーサリアム(ETH))

登録している電話番号に認証コードが届くので、それを入力しましょう。

 

 

送金にはしばらく(数分~数十分)かかります。「取引履歴」で進捗状況を確認できます。

↑このようになっていれば、大丈夫です。

後は、MetaMaskに入金されるのを待ちましょう。(しばらくかかります(数分~数十分ほど))

 

ちなみにDeFiに興味ある方へご参考までに、、、

MetaMaskは初期設定だと「イーサリアムメインネット」のみがデフォルトで入っています。

(なぜならイーサリアムを維持している会社がMetaMaskをやっているから)

これはOpenSeaでNFTを買う時など「イーサリアム」のネットワークを使っている時に使います。

 

尚、Binanceを使ってDeFiをする際にもMetaMaskを使います。その際はイーサリアムではなく「Binance Smart Chain」という別のシステムを使います。

(Binance Smart ChainはMetaMaskに手入力で追加する必要があります)

 

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!そしてお疲れさまでした!!

 

今のあなたはきっともう、

✔自信を持ってGMOコインで暗号通貨を買い、そして

その暗号通貨を、注意すべきところを押さえて安全に送金することができる

ようになっているはずです。

10分前の自分とはもう別人レベルの知識です。素晴らしい!!

 

この記事でお伝えしたことを、もう一度まとめておきますね。

 

将来的にNFTを買う、DeFiをやってみるなど暗号通貨を動かす(送金する)予定があるなら、GMOコインが一番オススメ。

(理由:送金手数料無料だから&口座開設の審査が早い)(2022年5月末現在)

暗号通貨を動かす(送金する)際には必ず、通貨とアドレス(それぞれのシステム)が一致しているかを確認すること!

(じゃないと、最悪暗号通貨が消えちゃいます…)

できれは最初は少額の暗号通貨を送金する「テスト送金」から始めてみよう。

(どんなに勉強しても、手を動かして実際に経験することには勝てません。)

 

そしてこれはおまけ知識として、、、

暗号通貨を動かす時には、ちょこちょこ色んなところで手数料(ガス代など)がかかるので、資金には少し余裕を持たせましょう。

 

この記事を見て、

NFT買ってみたくなった!
DeFiに興味湧いてきた!

という方は、まずはGMOコインで口座開設(無料)をしましょう。

GMOコイン公式サイトへ行く

 

また、

暗号通貨を送金する練習をしてみたい!

という方は、

みんなの銀行×Coincheckの合わせ技で無料のビットコインを手に入れて、それを使ってやってみてください。

無料でカンタンにビットコインをもらえる方法(詐欺じゃないです)

この記事は、 ビットコイン、めちゃ気になるけどなんか難しそう… ビットコイン欲しいけど、価格変動大きすぎて買うの怖い… ビットコイン、買ってみたいけど損するのは嫌! という、ちょっと前の私に向けて書い ...

続きを見る

 

知識は力、経験は宝、です。

 

この記事が、あなたの暗号通貨デビューのお手伝いに少しでもなれていたら嬉しいです。

  • この記事を書いた人

かつら

留学なし・独学にて英検1級合格/通訳案内士合格/TOEIC945/英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ日本人が増えて欲しい人/四十路街道疾走中

-暗号通貨(Crypto)
-

© 2022 YOLO style ~Change Starts Now~ Powered by AFFINGER5