英語 英語のルール

【一日一文法】should have 過去分詞 「過去の後悔」

should have 過去分詞/shouldn't have 過去分詞 は「過去の後悔」を表現したい時に便利な文法です。

こんな人が書いています

独学留学ナシで英検1級と通訳案内士に合格。これまで18歳から69歳まで述べ300人以上の初心者〜中上級者に英語を教えてきた講師歴13+年の英語講師 かつらです

 

文の形と意味

「〜すべき」のshould  に「現在完了」のhave + 過去分詞(p.p)  が一緒になった形

 

「〜 すべきだった(が、実際はしなかった)」

should have  過去分詞

「〜すべきではなかった(が、実際はしてしまった)」

shouldn't have 過去分詞

not は should にくっつきます。

 

例文

You missed a great party. You should have come.
すごいパーティを逃したね。あなたも来るべきだったよ

I'm tired. I should have gone to bed earlier.
疲れてる。早く寝るべきだったわ

I should have done what you said.
あなたの言う通りにするべきだったわ

I shouldn't have drunk so much.
あんなに飲むべきじゃなかったわ

You shouldn't have listened to our conversation.
あなたは私達の会話を聞くべきではなかったわ

I shouldn't have turned right at the corner.
あの角で右に曲がるべきじゃなかったわ

 

一見ややこしそうに見える文法でも、分解して考えてみると「意外にカンタン!」と思うことも多いですよ。 

 

もっと例文を見たい、音声でも聞きたいという方はこちらもどうぞ!

  • この記事を書いた人

かつら

留学なし・独学にて英検1級合格/通訳案内士合格/TOEIC945/英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ日本人が増えて欲しい人/四十路街道疾走中

-英語, 英語のルール

© 2022 YOLO style ~Change Starts Now~ Powered by AFFINGER5