英会話力伸ばす 英語

【無料もしくは1,000円以内でできる】おすすめの英会話の独学方法5選

「英会話ができるようになりたい」けど「お金はなるべく掛けたくない」と思っていませんか?

私も以前そうだったので(そもそもお金がなかった)、英語の基礎は独学で学ぶことにして、色々と試行錯誤を繰り返しました。

 

振り返ってみると、結局最終的には英会話レッスンなどで「英語を使った会話の練習」は必要でした。

英「会話」なので会話の「相手」が必要ですよね。

 

でもその「会話の練習」に進む前に、出来るだけお金を掛けず、自分のペースで独学できたらいいですよね。

実際、しっかりとした文法知識や英語の音への慣れが土台にあったからこそ、その後に受けた英会話レッスンは苦しいどころかとても楽しいものになったのを覚えています。

今回は私が過去に試した独学方法の中でも特に「英会話にも活かすことができた」と実感している方法を5ご紹介します。

この記事を読み終わる頃には、今すぐ気楽に始められる英会話独学方法が少なくとも1つ、見つかっていると思います。

 

こんな人が書いています。

独学留学ナシで、英検1級、通訳案内士合格、TOEIC945

講師歴約13年。英語系専門学校、某大手英会話学校、大学でTOEIC講座/TOEFL講座、企業への出張英語講師、そしてオンラインでパーソナル英語トレーナーとして延べ300人以上の方に英語を教えてきた元英語講師。

この記事でわかること

  • 3つのインプット独学方法
  • 2つのアウトプット独学方法

英会話におすすめ独学方法(インプット)

洋画や海外ドラマを観る

ポイント

できれば字幕の種類を選べるものを!

これはもう、色んな方が言っているので耳タコな方法だと思いますが、ここでもやっぱりこれはおすすめです。

その理由は、

教材には載ってないけど、

会話でよく使われるイディオム表現がたくさん学べるから

英会話が上手くなりたいなら、実際の会話から学ぶのが1番の早道です。

 

動画の選び方

ポイント

会話が多いタイプの動画

2〜3回繰り返し観ることができる、自分の好きな動画

英会話の表現を学ぶために観るので、内容はどんなものでもいいので、なるべく普段の会話が多いタイプの動画を選びましょう。

 

例えば私は刑事ドラマやサスペンスが大好きなので、リゾーリ&アイルズ(rizzoli&isles) とかよく見てました。

刑事モノなんて観ても、自分には関係ない言葉しか出てこないんじゃ。。。?

と思うかもしれませんが大丈夫です。一話40分の間には、拾いきれないくらい普通の会話も出てきます。(もちろん刑事独特の使えない(使いたくない?)単語も覚えますが笑)

 

動画の見方

残念ながら、ただ単にボーッと見てても英会話力向上にはつながりません。ちゃんと「英会話に効果的な見方」をしましょう。

英会話力を上げるのに効果的な動画の見方は、

ポイント

日本語字幕+英語音声で見る(内容理解)

英語字幕+英語音声で見る(イディオム表現の抽出)

もう一度見ながら抽出した表現の場面に来たら声に出して真似する

です。電車やバスに乗ってる時は声を出せないとも思いますので、その時は頭の中でもOKです。

ポイントは、何度か同じ動画を見て「コレ使いたい!」と思った表現をどんどん集めて練習することです。

 

色んな動画配信サービスが1,000円前後という安価で見れるようになりました。(ほんとにいい時代になりました(遠い目))

その中でも私は「英語字幕を選べる」という理由で、Netflixがイチ押しですが、月990円は払いたくない、という方はAmazon Prime (月500円くらい)から始めても問題ないです(日本語字幕のみ)。

 

簡単な英語の文章を読む

「英会話に読書?そんなの無駄じゃない?」

いえいえとんでもありません。特に初心者のうちは簡単な英語の文章に触れることが大切です。

単語や熟語を音だけでなく文字としても認識していくと、覚えやすく忘れにくくなります。

以下のようなものから選ぶと、始めやすいですよ。

 

レベル分けされている本

単語数や難易度によってレベル分けされているシリーズの本は、挫折することなく最後まで読み切ることができます。

 

イギリスの出版社が出しているPenguin ReadersOxford Graded ReadersのDominoesシリーズは特におすすめです。

その本が自分のレベルに合っているかどうか、簡単に調べる方法があります。それは、

本の半ページだけを読み、意味のわからない単語を数える

もし分からない単語が0なら、その本はあなたには簡単過ぎます。

分からない単語が5つ以上あった場合、その本は難し過ぎ

これを基準に、あとは自分の興味がある本を選んでみましょう。(じゃないと読書が苦痛になります)

以下それぞれの公式サイトに飛べますので、よかったら試し読みしてみてくださいね。

Penguin Readers

Oxford Graded Readers (Dominoes)

ただ個人的には、大きな本屋の洋書コーナーで実際に手に取って読んでみるのが、一番のおすすめではあります。可能な方は是非本屋に行ってみてください。

 

英字新聞やネットニュースのタイトル

これは中級者以上の方におすすめな勉強法です。

ネットニュースや英字新聞の「ヘッドライン」だけを流し読みする

はい、タイトルだけです。

もちろん内容が気になったらどんどん中身を読み進めるといいですが、まずは、タイトルだけで十分です。

 

ニュースのタイトルは、短い文字数でも多くのことを語ります。英語の勉強だけでなく、世界で起こっていることにも目が行き、会話のネタにもなりますので、一石三鳥くらい効果があります。

TwitterなどのSNSで大手ニュースサイトをフォローしておくと、勝手に情報が流れてくるので、それもおすすめですよ。

 

色んな英語を多聴する

色んな英語に耳を慣らすのも大切なことです。

英語で会話をするのは、英語ネイティブだけとは限りません。

というかむしろ、今後は英語非ネイティブの人達と会話することが間違いなく増えてきます。(私もここ最近英語を使うのは、ドイツ人の友人と話す時です)

 

学校の教科書や教材の中の「聞きやすい英語」だけでなく、色んな訛りのある英語に耳を慣らしておくと、あとあと本当に楽です!(そして、自分の日本語訛りの英語もそれほど気にならなくなります)

勉強系、ゲーム解説、お笑い系、、、どんな内容のものでも、YouTube、SNS、Podcast、、、どんな媒体でも構いません。

まずは1015分程、自分が苦なく聞き続けられるものを見つけましょう。

Audibleにもたくさん英語の本がありますよ。

私がおすすめの英語系SNSはこちらの記事「英語講師がおすすめする英語SNSアカウント(無料・独学にぴったり)」にまとめています。

 

英会話におすすめ独学方法(アウトプット)

英語は使ってこそ伸びるものです。

インプットだけしていても意味がないので、必ずアウトプットも一緒にしていきましょう。

 

英語日記をつける

「スピーキング力を伸ばしたいのに、日記ってそれ、ライティングの練習じゃん!」

はい、日記は書くものなので、ライティングになります。でもよく考えてみると、スピーキングもライティングも

自分の頭にあることを英語として外に出す

という点で同じ「アウトプット」です。

 

初心者は、思ったことを英語にする、ことに時間がかかります。

目の前に相手がいれば焦りますよね。

 

「早く何か言わなきゃ」と焦り、そして頭が真っ白になる。。。

なんて経験、ありませんか?

 

これを繰り返すと、自分に自信がなくなり、話せるはずの英語も話せなくなってしまうという負の連鎖へ。

 

これを防ぐために、まずは時間をかけて自分の思いを英語を書く、というアウトプットの練習をするんです。

 

内容はなんでもいいですが、最初のうちは

「今日あったこと」「昨日あったこと」など、過去形の練習

から始めるとやり易いですよ。

 

英語で独り言を言う

英語日記では「時間をかけて頭の中を英語で表現する」練習ができますが、実際の会話では、そんなに時間をかけていられませんよね。

ポイント

会話には瞬発力が必要

 

英語で独り言、はこの瞬発力が訓練できます。

やり方は、

時間を決める(例えば1分間、とか)

その間に心に浮かんだことや、目にしているものを、自分の知ってる英語で言ってみる

これだけです。

 

例えば、

お腹空いてきたなぁ。I'm getting hungry.

あ、スーパーに買い物行かなきゃ。Oh, I have to go grocery shopping.

なんかちょっと寒いな。It’s a bit cold here.

、、、みたいな感じで、できるだけ短く、シンプルに。

 

大切なのでもう一度言います。

出来るだけ短く、シンプルに。

 

単語がうまく出てこなければ「別の単語や言い方にできないかな」と考えてみる。もしくは、とりあえず諦めて次の思考に移る。

この1分間の間は、辞書を引かない。

英語で独り言の時間は、自分の中にある知識でなんとか乗り切る、という練習をしてみてください。

英語で独り言のやり方は、こちらの記事に詳しく書いていますので、ご興味ある方は是非読んでみてください。

 

まとめ

以上、英会話のおすすめ独学勉強法5つです。最後にもう一度まとめてみましょう。

洋画や海外ドラマを観る

教材では学べない英会話に必須の「イディオム表現」「自分で英語で会話するイメージ」を得られる

Netflixを試してみる

Amazon Primeを試してみる(30日間無料体験あり)

簡単な英語の文章を読む

基本的な文法や単語、それらの実際の使い方が定着する

英語の音をたくさん聞く

相手が何を言っているかを聞き取るという、英会話では必要不可欠なスキルを鍛えることができる

Audibleを試してみる(30日間無料体験あり)

英語日記をつける

インプットした知識を使ってアウトプットすることで始めて「使える知識」として蓄積される

英語で独り言を言う

英会話に必要な「自分が考えていることを瞬時に英語で口に出す」ことの練習には最適な方法

 

まずは、続けることを目標に小さく始めてみましょう。

この中から、インプットひとつ、アウトプットひとつ、からでいいので始めてみてくださいね。

 

最初は、思ったようにできないと思いますが、一週間も経つと耳や頭が少しずつ柔軟になってきていることに気づくはずです。

 

ご紹介した独学方法が曖昧過ぎて、始めることが難しいと感じた方は、スタディサプリなどの英語学習系アプリ(有料)を使うのもアリですよ。

そんな方にはこちらの記事も参考になると思います。(「スタディサプリ英会話アプリを実際に使った感想【つい英語講師目線でチェック】)

 

応援していますので、英会話の独学是非頑張ってみてくださいね!

  • この記事を書いた人

かつら

留学なし・独学にて英検1級合格/通訳案内士合格/TOEIC945/英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶ日本人が増えて欲しい人/四十路街道疾走中

-英会話力伸ばす, 英語
-

© 2022 YOLO style ~Change Starts Now~ Powered by AFFINGER5